スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オートで風紀委員

たのしい予定

今週中にリアル討伐→土曜日に編集開始→数日後→後編ができる

hai!!全然先は見えないけど、ちゃんとあっぽするからゆっくり待ってテ!


大百科の第5回の更新が気になる今日この頃。
これは「はやく後編作れサル!」って意味ですね
スポンサーサイト

有頂天第5回予定

天子 「アカムトルムは病院で栄養食を食べることになる」

ブロントさん 「確定的に明らか」

衣玖 「すごい自信ですね」

天子 「ブロントさんのHSは一級廃人レベルだべ
     新モンスターとか関係なく沈める」

ブロントさん 「俺は喧嘩チームDRAK~ダーク~の頭だべ」

天子 「かっこいいなぁーあこがれちゃうなぁー」

衣玖 「ところでブロントさん」

ブロントさん 「何か用かな?」

衣玖 「武器はどうされます?」

ブロントさん 「グラットンで良い」

衣玖 「氷属性は弱点ではありませんよ」

ブロントさん 「マジで!?」

天子 「緋想のつるg」

衣玖 「火属性もダメです。雷か龍が弱点ですね」

ブロントさん 「龍属性と雷属性の片手件がない俺は隙だらけだった」

天子 「このクエストは早くも終了ですね、私はこのまま来月でもいいのだが(チラッ」

衣玖 「さてどうしましょうか」

萃香 「ハンマーはえごいよ」

ブロントさん 「なんだ急にPOPしてきた>>西瓜」

萃香 「お、スイ【狼】あるじゃん!これで行こうよ!」

天子 「何いきなり決めてるわけ?
     ガードのできない武器だとブロントさんのHPがストレスでマッハなんですわ?お?」

萃香 「ハンマーを使い手→スタン取る→人気者」

天子 「ブロントさんのハンマースキルはポッケ村で伝説になってる!」

ブロントさん 「おいィ・・」

衣玖 「無属性ですが、見切り+3で会心率が60%ですか・・良いかもしれません」

ブロントさん 「ちょと・・」

萃香 「ハンマーで決まりだね」

天子 「ハンマーでかなぐり捨てテ!」

衣玖 「じゃぁハンマーで行きましょうか」

ブロントさん 「俺に洗濯しはないのか?;」

天子・衣玖・萃香 「ない」

ブロントさん 「ちくしょうおまえらは馬鹿だ・・」

----------------
更新が遅れてすいまえんでした;
「不定期といいながらほお週1ペース→はやい!もうきたのか!→彼女ができる」作戦は
はやくも終了ですね

金土日で全力で編集してあっぽしたいところです。

きょうのゆめ

───アタシの名前はテンシ。心に傷を負った一級天人。
モテカワスリムで恋愛体質の愛されガール♪
アタシがつるんでる友達は竜宮の使いをやってるイク、天界でナイショで
盗みを働いてるマリサ。訳もなく天界に居座ってるスイカ。
 友達がいてもやっぱり天界はタイクツ。今日もイクとちょっとしたことで口喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆
そんな時アタシは一人で人里を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!

(略)

 「おいィ?」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラッと声の男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。
有頂天な感覚がアタシのカラダを 駆け巡った・・。
「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男はナイトだった。ジュースをおごられた。スイーツ(謙虚)


・・・という夢を見たんだ。

やだ・・何これ・・うれしい

どうやら支援されていたらしく喜びが鬼なったので紹介しておくことにした



OP無いって言ったがためにできてしまったらしい
本当にありがとうございます


hai!!支援されたからには全力で動画作ります!

紹介した動画もそうですが、
自分の作ってる動画の
支援絵やSSがPOPするのは
恥ずかしいやら嬉しいやらで頭がヒットする

有頂天第4回について




そして物語は有頂天へ(キリッ

だっテオwwwwwwwwww(粉塵爆発)


しばらく間が空きそうなので全力で他の動画見てていいぞ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。